|  はじめに |  長寿膳について |  長寿膳の内容 |  他の料理 |  笑味をつくる人 |  手づくり品 |  体験 |  地図 |  トップページ | 









ベーシックな沖縄そばもいいけれど、時々無性に食べたくなるのが、金月(きんちち)の創作沖縄そばです。

生麺だからできる斬新なメニュー展開。また、一般的な沖縄そばのだしと違い、ラーメンのようにスープとだしを盛りつける前に合わせるのは、どんな時間帯でもおいしく食べてもらいたいという店主・金城太生郎さんのひと工夫。

生麺にこだわっている店に対して、乾麺である「笑味の麺」でメニューを考えてほしいという、不躾ともいえるお願いをしたのは…。
金月のそばをいただくと、一つひとつの食材を大事に思っていることがわかったし、その上で新しいことに向かおうとする太生郎さんの姿勢を感じていたから。

さて、今回、太生郎さんが考案してくれた「冷やし沖縄そば」。

シークヮーサーを練りこんだ笑味の麺の「いちばんの特長は香り」。噛めば噛むほどその香りが味わえるからと、約10分間、長めに茹でた後、冷水で思いきりしめるとのこと。
また、スープとだしを合わせる時に、少し多めに加えられる植物性油が麺や刻み昆布とうまくからんで喉越しよく、おいしい!
自家製スーチカー(塩漬け豚)とタレ、島野菜、そしてシークヮーサーの香り、ほろ苦さ、独特の酸味…。
暑さに疲れたからだに元気をくれる冷やし麺(700円)は、金月ソバで9月いっぱいまでの期間限定メニューとして味わえます。



シークヮーサーについて
シークヮーサーは、本土でいえばスダチやカボスのような存在。大宜味村の特産品でもあり、地域のことばで、クガニ(黄金)と呼び、大切にしてきました。フラボノイドの一種「ノビレチン」という成分を含み、沖縄おばぁたちの長寿&がんじゅう(健康)とのつながりにも、注目が集まっています。

笑味の麺の紹介はコチラでも
    ⇒  flagship-okinawa





  創作沖縄そば 金月ソバ
  住所:沖縄県中頭郡読谷村喜名201
  電話:098-958-5896
  営業時間:平日11時〜15時、
       日曜11時〜16時
  定休日:月曜日
  http://kintiti.ti-da.net/

  *営業日時は変更になっている場合もあります。
   事前にご確認されることをお勧めします。


| 住所 | 沖縄県国頭郡大宜味村字大兼久61 | 電話/FAX | 0980-44-3220 | OPEN | 9時〜17時 食事は11時30分〜 L.O.16時 | 定休日 | 火・水・木

おまかせランチ・軽食以外は、前日までにご予約をお願いします。    | サーターアンダギー・じゅうしぃおにぎりはテイクアウトできます。

このホームページで使用している画像、文章の無断転用はご遠慮ください。